BLOG

ブログ

光老化とAケア🌞

2020年12月3日
クリニック専売化粧品でいま大人気のゼオスキン

わたしも普段の基礎化粧品として、ゼオスキンエンビロンを長年愛用しています

⬆️わたしの基礎化粧品です。

お肌の調子によって使うものを変えています

 


老化の原因のうち、加齢による自然老化はわずか20%で、大部分の80%は紫外線による光老化です。

以前のブログでも、光老化予防のために1年中日焼け止めは塗りましょうとお伝えしましたね

 

紫外線を浴びるとお肌の内部では活性酸素が大量に生じます。

この活性酸素は、酸化反応により細胞のDNAを傷つけます。

これにより老化が進行していきます

 

光老化の修復のためにはビタミンAが重要です

みずみずしい子供の肌にはビタミンAが満ち溢れています。

紫外線と活性酸素で皮膚の細胞にダメージがおきるとビタミンAが細胞の再生を促して健全な状態に戻します。

しかし紫外線によってビタミンAは減少してしまいます

 

わたしがビタミンAについて衝撃を受けたのは、エンビロンのバナナの写真です

紫外線を浴びている部分でも、ビタミンAを塗った方は、黒変が抑えられています。

本当にこうなるのか、わたしもベランダでバナナの実験をしたことがありますが、本当にこうなりました

 

ビタミンAの働き
 
光老化からお肌を保護

   紫外線からのダメージを保護、コラーゲンの損傷を抑制します

線維芽細胞を活性化

   コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞を活性化することで、ハリや保湿力UP、しわ改善

ターンオーバー正常化

   古くなった角質を排出し、皮膚のトーンを整えます

表皮細胞の成長促進

   表皮の厚みが増しふっくらと健康な肌へ導きます

皮脂コントロール

   皮脂分泌を抑制し、ニキビの改善へ導きます


ビタミンAが不足してしまうと、古い角質や汚れによる肌のくすみやしわなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、ビタミンAを定期的に補給することが必要です。

人間の肌に含まれているビタミンAのおよそ90%がレチニルエステルと呼ばれる形です。

このレチニルエステルの含まれる化粧品を使うことで、お肌にしっかりと貯蔵され、お肌が紫外線に強くなります。
これがエンビロンです。



エンビロンの特徴

エンビロン独自のステップアップシステムは、個人差の大きい肌状態に合わせて、ビタミンAの濃度を段階的に変更していくというシステムです。

ビタミンAが不足している肌に、急に多量のビタミンAを供給すると、肌の新陳代謝が急激に促進される「レチノイド反応」(赤みや皮めくれ)が起こります。

徐々にビタミンAの供給量を増やしていくことで、肌に負担のない形で健やかなお肌のコンディションを保つことができます

 

また、上の表の右側にいくほど刺激が強くなります。

レチノイン酸(トレチノイン)レチノールなどは活性が強く、皮がめくれ紫外線には弱くなります。

しかし、レチノイン酸やレチノールは、細胞にさまざまな指令を出し、
表皮を厚くし角層をコンパクトにしたり、
ターンオーバーが早くなってメラニンが排出されたり、
真皮におけるコラーゲン産生が促進されたりといった、美肌作用が高くなります

特にシワへの高い効果が期待されますが、非常に不安定な性質です。

このレチノールやハイドロキノンなどを組み合わせていくのが、ゼオスキンです。


守りのAケア「レチニルエステル」=エンビロン

攻めのAケア「レチノール、レチノイン酸」=ゼオスキン

両方とも、導入する予定です


できてしまった、しみ、しわ、たるみはレーザー治療などで改善させることはできますが、素肌がきれいにならないとお肌本来のきれいさが現れてきません。

毎日行うスキンケアが、薬やレーザーだけではケアしきれない皮膚のメンテナンスに重要です

 

さらに、自宅にて化粧品などでできる「ホームケア」と、

クリニックでできる「プロフェッショナルケア」により肌ダメージにしっかりアプローチしますね