名古屋市緑区の皮膚科、美容皮膚科

〒458-0852
愛知県名古屋市緑区元徳重2丁目105番

ブログ

円形脱毛症

再発を繰り返すこともある疾患です

円形脱毛症には、コイン大の脱毛を始め、頭部全体や全身に脱毛範囲が広がるもの、はえぎわが帯のように脱毛するものなどがあります。
円形脱毛症は、自己免疫反応の一つであると考えられており、毛髪を生成する毛母細胞が炎症細胞(T細胞:リンパ球の一種)に特異的に攻撃された結果、脱毛します。

治療方法

外用療法

ステロイド外用

塩化カルプロニウム
(フロジン)外用

ミノキシジル外用
(自費診療)

内服療法

セファランチン内服

グリチルリチン内服

抗アレルギー薬内服

その他の治療

  • 01
    液体窒素による凍結療法
  • 02
    SADBEによる局所免疫療法(自費診療)
    保険適応外の治療ですが、有効率の高い治療法です。週に1回の通院が必要です。
  • 03
    紫外線療法

    紫外線の免疫を調整する作用を活用します。紫外線照射により、毛母細胞を攻撃しているT細胞を自然死(アポトーシス)に向かわせ、免疫機能を正常に保つ制御性T細胞を誘導することで病勢がおさまっていきます。
    週に1回の通院が必要です。2020年4月より保険適応の治療となりました。

  • 04
    ステロイド局所注射
  • 05
    ステロイドパルス療法
    ステロイドを3日間、短期間に点滴で大量投与します。発症後早期であり、脱毛が急速に進行し範囲の広い場合に行う治療法です。必要と判断した場合は連携病院へ紹介します。